福祉などの事業におけるコピー機代理店への需要増は本当?

>

福祉におけるコピー機代理店需要

福祉における書類量

高齢のご家族とお住まいの方ならご存知かもしれませんが、福祉や介護といったサービスを利用するに当たって、必要となる書類は決して少なくはありません。
公的な支援を受けるためか書類の提出先も多岐に渡るなど、非常に多くの書類を作成したり印刷したりしなければなりません。

福祉や介護を利用する側でさえサービスの利用頻度次第では、辟易する程書類の作成を求められることになります。
サービスを提供する福祉や介護を提供する事業者の場合、利用者の人数に応じてこれら多数の書類を処理しなければならないだけでなく、別途の書類作成も求められます。

福祉や介護では、利用者に求められる多数の書類の処理に加え、業務上の書類作成まで行わなければならず、その書類量は膨大なのです。

コピー機代理店への福祉からの需要

そもそも福祉や介護における書類の量は膨大な数に上っていましたが、新規に福祉や介護関連の法整備が進み新制度が作られるほど、必要となる書類も増加していくことになります。

そんな書類量が多い業界である福祉や介護の業界で、アナログな事務処理、端的に言えば手書きで書類を作成し、ファイリングして保管しておくのは限界があります。
コピーの提出を求められることもあることから、非効率的です。

近年、福祉や介護への見直しが進んだことで、福祉や介護の業界における書類面の負担は増加の一途を辿っており、事務処理のデジタル化を進めながらも並行して業務用のコピー機や複合機の導入が進み、コピー機や複合機を扱うコピー機代理店への需要が、さらに高まってきているともいえそうです。


この記事をシェアする