福祉などの事業におけるコピー機代理店への需要増は本当?

>

コピー機や複合機の機能と導入方法

コピー機や複合機の機能

日本における一般的なコピー機の場合、コピー機能だけの純粋なコピー機であることは少なく、複合機と同様の機能を備えていることが多いため、実質コピー機と複合機は同義であり、同じものとして扱われています。

コピー機や複合機の持つ機能は、印刷物の複製や集約複製といったコピー機能に加え、デジタル機器で作成されたデジタルデータの印刷機能、電話回線やインターネット回線を介してのFAXの送受信機能、印刷物を読み取りデジタルデータ化するスキャン機能などが主となるでしょう。

これ以外にクラウド上のストレージで、デジタルデータを管理可能なクラウド連携機能、印刷物を自動的に綴じるフィニッシャー機能などの機能がありますが、これらは、副次機能です。

コピー機及び複合機の導入方法

家庭用のコピー機や複合機の場合、家電量販店等で容易に購入可能です。
多くの場合、独立した機器としてではなく、パソコンに接続した上でのセット運用が前提となるため、購入後はパソコンに接続し、パソコン側でコピー機の設定を行えばコピー機または複合機を使用できるはずです。

一方、業務用のコピー機や複合機を導入する際、家電量販店での購入は法人向けの商品の取り扱いがなければ難しく、取り扱いがない場合はコピー機代理店を介して購入するか、レンタルまたはリースすることになるでしょう。

ちなみにオフィス用のコピー機や複合機の場合、業務用であることからパソコンとのセット運用を前提としておらず、コピー機と複合機は単独で、コピー機能や印刷機能はもちろんのこと、FAX機能やスキャン機能も利用できます。


この記事をシェアする