福祉などの事業におけるコピー機代理店への需要増は本当?

>

コピー機や複合機の導入方法ごとのメリットとデメリット

代理店と代理店の種類

代理店とは、取引を代行したり取引を仲介したりする事業者のことを指します。
卸売り業者をはじめとした代理店本部と契約を交わして、取引の代行や仲介を請け負うことが、基本的な業務です。

ただし、代理店は契約形態によって報酬を得るまでのプロセスが異なり、報酬を得る手段に応じ様々な種類に分類されています。

代理店の種類として、販売手数料を報酬とする販売代理店、商品を転売した際に生じる、販売額と買取額の差額を利益とする販売店、取次手数料が報酬となる取次店、代理店本部の商品のみを専売する特約店、紹介した顧客との契約が成立した際に、手数料を報酬とする紹介店、代理店本部機能を委託された総代理店などが挙げられるでしょう。

コピー機代理店とは

代理店の一種であるコピー機代理店は、コピー機や複合機の販売に加えレンタルやリースを行う業者であり、代理店の種類としては販売店や取次店、紹介店などに類さるのが一般的でしょう。

既に述べた通りにコピー機代理店の業務は、コピー機や複合機の販売及びレンタルないしリースで、コピー機や複合機の販売とレンタル及びリースサービスの販売を行っています。
販売店の場合、メンテナンスを販売店が担うことが多く、取次店か紹介店であれば代理店本部がメンテナンスを行う事が多いです。

このコピー機代理店の分類は非常に大雑把な分類であるため、厳密には異なる種類の代理店であるともいえます。
業務内容が根本的に異なるわけではありませんので、大意を掴むだけなら不足ありません。


この記事をシェアする