福祉などの事業におけるコピー機代理店への需要増は本当?

代理店とコピー機代理店

家電量販店で容易に購入できる上、基本機能を業務用と同じく備えているため、コピー機及び複合機を購入する際、無理に業務用のコピー機や複合機を用意せずとも、家庭用のコピー機あるいは複合機で代用できるとお考えではありませんか。

確かに家庭用も業務用も、コピー機や複合機としての機能自体に違いはありませんが、コストパフォーマンス面で大きな差があります。
同じ量の書類をコピーもしくは印刷した際のコストや本体の耐久性においても、業務用のコピー機または複合機のほうに軍配があがります。
印刷方法の差異から、使用するインクも市販のものとは違うので速乾性があります。

よって基本的に事業者が扱う場合、コピー機や複合機は、購入するかレンタルないしリースするにしろ、ランニングコストを考え家庭用のものより業務用のものを導入するのが望ましいでしょう。

購入すれば、事業者の資産にでき、経費での計上が望めます。
初期費用に加え減価償却や固定資産税が生じ、レンタルなら中途解約可能かつ審査も必要としません。
初期費用が生じる上に月額費用も高額に設定され、リースの場合は初期費用もなく、月額費用も低額であるものの中途解約はできず、審査を受けなければなりません。

購入やレンタル及びリースで導入することになるコピー機や複合機ですが、どの導入方法が適しているかは、事業内容や資産状況によっても違います。
メリットとデメリットを天秤にかけ、適切な導入方法をお選びください。

コピー機や複合機の導入方法ごとのメリットとデメリット

卸売り業者のような代理店本部と契約を交わし、取引の代行や仲介を請け負う事業者が代理店と呼ばれています。 大まかに分類すると、コピー機や複合機を販売したりレンタルないしリースしたりするコピー機代理店は、販売店や取次店、紹介店といった種類の代理店です。

コピー機や複合機の機能と導入方法

コピー機や複合機の持つ機能として、コピー機能・印刷機能・FAXの送受信機能・スキャン機能などが挙げられ、いずれの機能も事務処理効率を高める効果を期待できます。 業務用のコピー機及び複合機を導入する場合にはコピー機代理店を介し、購入するかレンタルないしリースしなければなりません。

福祉におけるコピー機代理店需要

福祉や介護のようなまだまだ書類量が多い業界で、アナログな事務処理で処理できる書類には限界があります。 非効率的である上、書類面の負担が増加の一途を辿っていることもあって、福祉及び介護業界での業務用コピー機や複合機の導入が進んでおり、コピー機代理店への需要が増加しています。